自己紹介が苦手なはなし 20161101

将来的に英語を使って仕事をしたいと思うようになったが私は英会話が弱い。今のうちになんとかしようと、オンライン英会話スクールで学ぶことに決めた。

オンライン英会話といってもたくさんあって、すぐに選べないので各社の体験コースでレッスンを受けている。今日は午前と午後に一回ずつレッスンした。

レッスンして気がついたが、私は自己紹介が苦手だ。教材の予習をして準備は万全だ、と思っているとまずは自己紹介をしよう!と言われて真っ白になってしまった。何も思いつかなくてとりあえず「My favorite food is ramen.」と言ったが、何よりもラーメンが好き!というわけではないので嘘をついているような気分になった。今日二回目の自己紹介のときは「塩ラーメンが好きだ」と言ってみた。でもやっぱり一番の大好物ではないしそのあとが続かないので次はちがう食べ物の話をしたい。

そもそも日本語でも自己紹介が苦手だ。趣味でも食べ物でも、「〇〇が好き!」と言うためにはそのものに関する膨大な知識や熱量が必要で、自分にはそれが足りないから好きと言う資格がないような、そんな気がしてしまう。就職活動のときも自己紹介が不安だった。

初めての面接で趣味の「アイドル鑑賞」について聞かれた時、しどろもどろになりながら一推しのアイドルの良さをアピールしたところ「すごく好きなんだね」と言われた。その一言が嬉しくて、好きなものの話をするのは楽しいことだったなあと思い出した。好きの度合いは人と比べるものではない。これをすると元気が出るとか、そのことを考えるとにっこりしてしまうとか、それで十分だと思う。自分の好きなことを話すのにその資格があるかどうかなんて全く考える必要のないことだった。

好きなことの話をしたいというモチベーションが生まれて苦手な英会話克服の道が見えたかもしれない。次のレッスンでは「私は牛タンが好き」と言えるようにしよう。